• 光玉のパクリ屋人生と神様商売の半生  世界真光文明教から祟教真光
    日本の宗教法人の数は18万社もあり、その信者数の合計は2億人近いとも言われています、各教団の水増しと重複によるものでしょうね。真光は7から9団体?もあるそうです。ここでは岡田光玉がいろいろな教団から教えをパクリながら、時代の後押しも受けながら自らが教祖へ登ってゆく様を説明しています。下記の図を1回、2回クリックしてください大きく見やすくなります!新憲法による宗教の自由 高度経済成長期 国民皆保険(国...
  • タバコを喫いながら真光の教えを説いていた光玉の本性
    タバコはコーヒーや酒と同じ嗜好品ですが、喫煙者の70%はニコチン依存症(タバコ中毒)と言われ脳の病気の場合もあります。現在ではこの治療には健康保険を適用できます。まじめな組手の皆さんが知っている大聖主光玉師は病死したあと教団による誇張と歪曲によって「神格化」された虚像です、この頁に載っている姿こそ光玉の実像です。写真はすべて「光玉師御写真集」に掲載されていた本モノです。先日も少し書きましたが、光玉の...
  • 光玉はダイヤの指輪と金時計とワニ皮のサイフ?物主逆法の世?
    光玉は聖人だったか?詐欺師だったか?この頁と前回の「光玉はニコチン中毒」の頁をみて頂くとよくお解り頂けると思います。豪華な金時計と両方の指には金とダイヤの指輪をして踊る光玉 岡田光玉師 御写真集64頁より「救い主様み教え」 勿体ないという感謝の心{真光誌528号 平成18年9月号} 38頁3行目から私はいかにも贅沢をしているように思われるかも知れませんが、私自体としては決して贅沢をしません。私が毎朝使う鏡にして...
  • 「光玉の額のコブは病気」です“粉瘤”と言う腫瘍で老廃物が溜まっている(~_~;)
    今回の記事は私自身の最近の経験から書きました、光玉の醜い姿を暴き卑しめて迷える組手(信者)たちを目醒めさせよとの御神示です。・・・と勝手に思っている。真光では病気のことを正常化と呼び!良くなるための変化で神様から頂く御守護と教えられますが?これが大ウソです!組手の皆様は教団発行の出版物で見られたと思いますが、岡田光玉の額にあった大きなコブは粉瘤(ふんりゅう)と呼び腫瘍の一種です。粉瘤はアテロームと...
  • 光玉がはじめた真光のウソとデタラメ【光玉の経歴年表No2 昭和20年から】
    ■1945(昭和20年)8月15日第二次世界大戦終わるこれより↓日本人の多くが「戦後」と呼ぶ時代。宗教屋の光玉はこの戦後の混乱と復興期に生まれたと言えるでしょう。岡田良一(光玉)は天空の彼方から「手をかざせ」の声を聴いて(昭和20年に?)苦しんでいた犬にむかって手かざし、飼い主から回復のお礼に2千円(現在の貨幣価値で2百万円相当)を貰う。この時のお金が行商の元手となり順調に借金の返済ができた。(祟教真光50年史4...
  • 光玉がパクった新興宗教・明治・大正・昭和初期【光玉の経歴年表No1】
    世界真光文明教、祟教真光などでは初代教え主の光玉が「天地一切神の声・・・」と神の声を聞いて立教した事になっているが真っ赤な嘘。真光の教えは広く浅く(良いとこ取り)パクって作り上げたまがい物である。「大本」立教 開祖出口ナオ(55歳)「三千世界一度に咲く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ」 大本の立教(1892)おほもとhttp://www.oomoto.or.jp/ 日本の神道系新興宗教の元祖のような教団で霊能者出口ナオ(...
  • ニセ神!二代目教え主「聖珠」を追悼(追討)する!ねつ造を見抜けなかった上高森遺跡
    真光の教え主様は神の地上代行者?今年も秋期大祭の季節です、57周年大祭とか言うらしいが、その頃には聖珠さんの四十九日ですね!さて言うまでもなく聖珠/甲子は普通のオバ(婆)さんですが!先ずは下記ご覧ください、いずれも秋期大祭がらみのお話です。崇教真光二代目教え主の聖珠は平成8年の37周年秋季大祭の御教示で遺跡発掘の名人で神の手と呼ばれた藤森氏らによって発掘された上高森遺跡を北京原人より古い日本原人の存在を...
  • 聖珠と光玉と手島右卿この三角関係を検証してみました!
    二代目教え主聖珠(甲子)の性癖について、いまとなっては確たる証拠を示すことはできませんが資料の積み重ねによる状況証拠で憶測することは可能です。前回は光玉との関係について書きましたが今度は別の男の話です。そう三代目教え主光央(泰六)の実父である手島右卿と聖珠の噂話の裏付けです。表紙に「右卿」の書と落款が浮き彫りにされた豪華本その訳は?...
  • 岡田光玉は妻の実家の財産で豪遊・・用無しの妻とは離婚
    2月27日は岡田光玉の誕生日で「御光誕祭」とか言うらしいが、経歴を見ると卑しい男だったことが解ります。ただし教団発行の出版物(御神書)には光玉に妻がいて離婚していることは一切書かれてないが?また二代聖珠の前歴についても同じです。教団の存亡に関わる秘密ですから当然!しかし現実にはほとんどの信者が知っていることですね。たった一行だけ義父さまの経営されていた繊維会社を引き継ぎ(崇教真光50年史38頁5行目)...
  • 光玉の教えは寄せ集め!と3代目光央は言っている
    アホ面の3代目光央「輝ける崇教真光50年史」41頁後ろから11行目救い主様は、不思議な体験を振り返り、手かざしを続けながら、神の世界を解明する為、日夜研鑽に励むことになります。心霊研究から宗教の研究へと参入していきました。イエスやモウシェ、釈尊の研究、イスラム教やゾロアスター教、儒教、道教、また神道、更には新宗教と言われ各宗教にもその範囲は広がりました。黒住教、天理教、大本教、世界救世教など、時にはそ...

プロフィール

高丙文

高丙文です
若者を崇教真光から解放するためにこのブログを書いています。真光の教えはほとんどがパクリ(盗用)です。このため全体の整合性がありません、その場その場の適当な言い訳がまた次の「教え」となっています。若者にとっては有害と考えます。もちろん家庭を大切にするご夫婦にとっては家庭破壊のもととなり、高齢者にとってリューマチなど骨を悪化させたり、健康を害することが多く寂しい老後を過ごすこととなります。真光は病とゾンビの館です