やっぱり黒い影!ブラジルの「崇教真光の日」

サンパウロ州とサンパウロ市での「崇教真光の日」について
当ブログ11月14日付けの記事でサンパウロ市では(元)市議の口利きと書きましたが、正確にはK(前)市議だそうです。

聖市はサンパウロ市の略、またブラジルは漢字では伯剌西爾で、日本とブラジルの場合は「日伯」と書く


この件に関して元ブラジルの組み手キャリーさんから下記の様な情報を戴きました

269[1]K市議は脱税の罪で議員資格停止処分&起訴されています。
270[1]H州議は過去に「不正資金を受取った」


私(高丙文)はポルトガル語が全く解らないので真偽は確認できていませんが?あり得ることだと思います。言えることは(前)市議の口利きって変ですよね?

キャリーさんのコメントの全文

日々お忙しい中、ブログの更新をしていただき、ありがとうございます。
サンパウロ州議会と市議会が認定しました「崇教真光」の日につきましては、ブラジルの元組み手グループを代表し、
発起人である、ハト州議及びサンパウロ州議会へ抗議の手紙を出し、HP「Aprendendo com a Sukyo Mahikari」にもその内容を公開しています。

おっしゃる通り、このような行為は「人集め金集めの宗教団体と人(票)と金(献金)のほしい二者の利害が一致しただけのこと」で、調べて見ると、ハト州議は過去に「不正資金を受取った」為とカミヤ市議は脱税の罪で、議員資格停止処分&起訴されています。少なくともサンパウロ州の組み手はこの事を知っているはずですが、マインド・コントロールと惰性のお陰で異議を唱える者はいません。ブラジルにおける汚職や不正行為は日常茶飯事的なもので、連邦政府から地方自治体等の政府機関による政治腐敗は珍しいものでもなく、先進国で伸び悩む真光のようなセクトにとっては好都合でしょうが、元信者グループによる運動、HPを通しての情報公開により、段々と難しくなっていくと思います。


コメントを寄せられたキャリーさんは
Aprendendo com a Sukyo Mahikariの発信者です
http://newsea.wix.com/aprendendo-com-a-sm



組み手(信者)は「神気体に満て」と教えられる、また寸教504頁「私(KO玉)の写真だったらみ光は出ています」とありますが、下記の写真はいかがでしょうか?

サンパウロ新聞からの無断転載写真ですが、3代目KOU央の目つき怪しいでしょ!目が浮いて(ラリッテ)るんですね。この写真をクリックすると大きくなりよく解ります。
20131119kouou02.jpg

20131119kouou.jpg
サンパウロ新聞http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/14668/cat/105

御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事

コメント

名無しさん

YouTubeにて、崇教真光の日制定のニュース動画が見つかりました。
http://m.youtube.com/watch?v=5RamxIXSOYk
非公開コメント

プロフィール

高丙文

高丙文です
若者を崇教真光から解放するためにこのブログを書いています。真光の教えはほとんどがパクリ(盗用)です。このため全体の整合性がありません、その場その場の適当な言い訳がまた次の「教え」となっています。若者にとっては有害と考えます。もちろん家庭を大切にするご夫婦にとっては家庭破壊のもととなり、高齢者にとってリューマチなど骨を悪化させたり、健康を害することが多く寂しい老後を過ごすこととなります。真光は病とゾンビの館です