大阪の町も真っ白です!

大阪城の大手門!午前11時頃の風景



御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
天守閣前
20140214osakajyou01.jpg
梅林も真っ白で花と雪の見分けが付きません
20140214osakajyou04.jpg

私は真光には20年7ヶ月在籍しましたが、割に熱心な組み手(信者)でしたね。(この期間は高校1年生が真光隊入隊から卒隊までの期間と一致します)


このブログを書き始めたのはねー、若い女性(真光隊)がむざむざと年を喰ってゆく様をみて?,、ある日ふと目ざめたのです(マインドコントロールが醒める)


ホントはねー!こんなブログを書くよりも若い女性とオヤジギャグを飛ばしながら「お浄め交換」でもしてる方がズッと楽しいのですがねー!
関連記事

コメント

名無しさん

幹部さんへ
なぜ教え主は自分の部下である道場幹部が医療拒否指導で組み手を死なせても、一切お詫びしないのですか?
普通の組織なら部下の失態は組織のリーダーがお詫びしますよ。
御神行が忙しいのなら電話の一本も入れればいいのに。
組み手を大切にしていない証拠です。

もし、医療否定で組み手を死なせることを教団内部で良しとしているなら、カルト集団の人民寺院と同じです。

幹部

No title
霊障が出てますね
早くお浄めしたほうがいいでしょう
非公開コメント

プロフィール

高丙文

高丙文です
若者を崇教真光から解放するためにこのブログを書いています。真光の教えはほとんどがパクリ(盗用)です。このため全体の整合性がありません、その場その場の適当な言い訳がまた次の「教え」となっています。若者にとっては有害と考えます。もちろん家庭を大切にするご夫婦にとっては家庭破壊のもととなり、高齢者にとってリューマチなど骨を悪化させたり、健康を害することが多く寂しい老後を過ごすこととなります。真光は病とゾンビの館です