光玉の教えは寄せ集め!と3代目光央は言っている

「輝ける崇教真光50年史」41頁後ろから11行目
救い主様は、不思議な体験を振り返り、手かざしを続けながら、神の世界を解明する為、日夜研鑽に励むことになります。心霊研究から宗教の研究へと参入していきました。イエスやモウシェ、釈尊の研究、イスラム教やゾロアスター教、儒教、道教、また神道、更には新宗教と言われ各宗教にもその範囲は広がりました。黒住教、天理教、大本教、世界救世教など、時にはその団体に属して(入信)まで宗教研究をしました。 {画像をクリックすると大きく読みやすくなります}

1101mahikari007.jpg
上記のアンダーラインの部分を見て頂くと解りますが、初代光玉は世界救世教に入信し宗教的知識はそこで得たものでしょう、これに竹内文書を足してモヤモヤっと造り上げたのが「LH陽光子の友の会」ですね。

光玉が自称しているように神のウツシ身※なら、新興宗教に入信してまで勉強する必要は無く直接神の声を聞けばよいのです。

3代目光央によるネタばらし?
光央がハッキリと口に出して言ってる訳ではありませんが?なぜ問題かと言いますと平成21年(2009)11月に光央は3代目教え主に就任し同時にこの「輝ける崇教真光50年史」を発行しているのです。この出版をもって光玉より上に立ったと考えられます。(同25頁から)「救い主様、立教へのミチ」をじっくり読んでみると何ヶ所にも初代光玉を貶める記述があります。

光玉は自らを神だと名のっている
1101mahikari03.jpg


教え主は神の地上代行者 寸教231頁
私は初代の教え主であって、教祖ではない、また、神と間違えては困るが、神の地上代行者として出現させられたこと、つまり現界においては、神の「ウツシ身」※としてやっているのである。それを”代行者”という言葉で表現している。それでは、その神の本体かといえば本体ではない。しかし人間であって神のお役をしてしまっている。

光玉は繰り返し自分は神だと言っている 寸教239頁

1101mahikari02.jpg

それはウソですと光央が「輝ける崇教真光50年史」のなかで言っている
1101mahikari005.jpg
真光の教えは寄せ集めで、光玉や聖珠、光央に神通力などありません!

※「ウツシ身」:テレビ局のカメラの前にいる総理大臣は本人で、放映されてテレビに映っている総理大臣は「ウツシ身」どちらも全く同じ権力を持っている同一人物である。では真光の「教え主」は神と同じ力を持ってますか?

光玉は73才で病死、2代目聖珠は73才の時に光央を「お教え主代理」にした。今年は聖珠85才、光央68才そろそろ4代目の登場の時期ですね。

真光教え主光玉・聖珠・光央の3代の年表を参照して頂くと分かり易いです、私が纏めました


醜い教え主の正体 ◆御み霊(オミタマ)の中身 ◆真光の教えは寄せ集め ◆手かざし・み光・お浄め ◆阿倍野準道場はオバケ屋敷

関連記事

コメント

サミアどん

光玉の教えは寄せ集め
おはようございます♪
久しぶりです
11/1・初日秋季大祭初日、母が参拝しました。
母が言うには大祭が行われる本山本部棟が改装されているらしく、建て直しているようです。
本山本部棟の隣に民家があったのですが、真光から立ち退きを迫られ、民家に住む住民が出ていきました。
私はその話を聞き、住民が気の毒だと思いました!!
非公開コメント

プロフィール

高丙文

高丙文です
若者を崇教真光から解放するためにこのブログを書いています。真光の教えはほとんどがパクリ(盗用)です。このため全体の整合性がありません、その場その場の適当な言い訳がまた次の「教え」となっています。若者にとっては有害と考えます。もちろん家庭を大切にするご夫婦にとっては家庭破壊のもととなり、高齢者にとってリューマチなど骨を悪化させたり、健康を害することが多く寂しい老後を過ごすこととなります。真光は病とゾンビの館です