岡田光玉は妻の実家の財産で豪遊・・用無しの妻とは離婚


2月27日は岡田光玉の誕生日で「御光誕祭」とか言うらしいが、経歴を見ると卑しい男だったことが解ります。ただし教団発行の出版物(御神書)には光玉に妻がいて離婚していることは一切書かれてないが?また二代聖珠の前歴についても同じです。教団の存亡に関わる秘密ですから当然!しかし現実にはほとんどの信者が知っていることですね。

たった一行だけ
義父さまの経営されていた繊維会社を引き継ぎ(崇教真光50年史38頁5行目)という記述がある。私の知る限りこの一行だけである
 
uritake022.jpg 
傷痍軍人だった光玉は28歳年下の愛人聖珠(甲子)と生き延びるのが精一杯だった、この光玉の生きる術が神様商売真光なのです

真光の初代教え主(教祖)である光玉は戦争で全財産焼け出され「王侯の如き生活からルンペン(乞食)になった」とあるが、この焼け出された全財産とは妻の実家の遺産である。王侯の如き生活とは妻の遺産を使って豪遊していた、そして二代教え主聖珠(甲子)とはすでに愛人関係であったと思われます。その後戦火による焼失もふくめ全財産を使い果たすと離婚しているのです。

 ◆光玉が会社経営に関わったのは昭和17年から昭和20年8月敗戦までの約3年くらいで、現在と違ってすべて手作りの時代ですから工場建設だけでも簡単ではなく、しかも日本軍はすでに劣勢が噂され新規事業の立ち上げはできなかったはず?しかし既存の会社を食い潰す事はできたでしょう!! 
◆戦後(第二次世界大戦)は日本人誰もが生きるか死ぬかの苦労したのですが、光玉も行商(闇屋、かつぎ屋)とか世界救世教の幹部(給料を貰っていた)、不動産ブローカー、あんま(手かざし)をしながら十数年後に宗教起業家(神様商売)として成功したと考えられます。 

 ◆光玉は借金の返済していない
一生かかってもとうてい返すことのできないほどの借金を返し終わって立教と言われていますがウソでしょう、「大聖主」を見ると解ります202頁7行目あたり・・あのインチキ勲章の叙勲祝賀披露宴での光玉の挨拶「・・都民銀行の工藤先生と福田先生のお世話により・・事なきを得たのであります」。つまりネ!政治家の口利きで帳消しにできる程度の借金はあって、しかも返済は免除された?と考えられます?傷痍軍人の光玉に大金を貸す人はいなかったでしょうね?また軍人だった実父は光玉が16歳の時に病死しており、公務員ですからそれほどの財産は残してなかったと考えられます。

この項目(光玉の妻の実家の財産と借金)に関しては資料が少なく私の憶測による部分もあります、そこで「考えられる」「思われる」という表現を使いました。但し光玉から直接教えを受けた局長、部長クラスの話は何度も聞き記憶には残っております。さらに詳しい情報をお持ちの方コメント欄に書き込んで頂けましたら有り難いです


いつも他人のことばかりを書いているのでチョットだけ自分のことも書いてみました。真光関連の資料の中に私の昔の写真があった、平成6年2月頃で入信から9ヶ月目に一人「光神殿」へ参拝したときの撮影です今から20年ほど前のものです。
uritake03.jpg 
私は平成5年5月に入信しました、もともと暗示にかかりやすいタイプなので入信後はスグに熱心な組手(信者)として活躍をしてきました。◆初級研修:平成5年5月 大阪大道場衣笠道場長、斉藤補佐 再聴講は同メンバーで3回受講 ◆中級研修:平成8年10月 白崎照明奉祭部長 平成9年4月 岩井浩次崇教局長 平成10年4月 中村泰通恢弘部長 ◆上級研修:平成13年3月 山田安住総合調整局長 (役職はいずれも当時)


オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 真光三代の教え主・年表実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

◆光玉は傷痍軍人だった◆
傷痍軍人とは戦場でケガや病気になって本国へ戻された軍人のこと、第二次大戦後の日本では国が破綻状態だったため多くの傷痍軍人が経済的に困窮したり障害や後遺症に悩まされ悲惨な生活を強いられた。

 ◆経済成長に乗って教団は発展した◆
新興宗教は信者が信者を獲得する自己増殖型ですから「病気は治る」「お金は儲かる」式に好き勝手を言って教団を伸ばした。これができたのは昭和30年ころから本格化した高度経済成長期に乗って、誰もが経済的に豊かになり、健康保険の加入者も増えて日本国民全体が病気や貧困から解放されました!この国家の繁栄による健康と富の恩恵を真光の神様の御蔭ですと巧みに取り込んで真光だけでなく他の新興宗教も各々の組織を伸ばすことができたのです。

 ◆世界真光文明教二代目関口栄◆
関口は聖珠は光玉の妾であると公言し聖珠を見下げていた。関口自身も真光教団の神様商売への大口出資者であって光玉を尊敬してはなかった、光玉の死後は当然のように教団経営の権利は自分のモノであった。運送屋の社長だったらしいが宗教のほうが儲かるでしょう。 

◆崇教真光二代目の聖珠◆
聖珠もまた十代で妻子ある中年男(光玉)と性的関係をもつなど卑しい女である。下記の写真を見ればお分かりのように下品な顔をしている。二人が恋人風に見えるのはこの頃はまだ肉体関係があったのでしょうネー?(べつに見た訳ではありませんよ)
 
0225seisyu.jpg 

 ◆神恩・師恩・親恩の教え◆
神を商売道具として(神恩)・師匠の世界救世教を破門になり(師恩)・妻の実家の財産を食い潰しながら妾をもち本妻と離婚(親恩) 

◆光神殿は冬は閉鎖されている◆
いまはどうか知りませんが光神殿は11月1日から4月末までは閉鎖されています、写真を見て頂くと解りますが誰も近づいた気配はありません、スグ近くには位山スキー場があって簡単に来れるはずですが?どうでもよい施設なのでしょうね、この光神殿清掃御奉仕が私が真光を辞める原因になったのは皮肉です(-^〇^-)

◎3年前の今ごろ隅田ケイジ道場長と蓮井祐子補佐(当時)による「光神殿御奉仕参拝」への強引な人集めに頭に来た私は道場から遠ざかり、その数ヶ月後に「竹内文書」の解説書に出会い真光のカラクリ、パクリに気付かされこのブログを書き始めたのです 

わたし高丙文は組手(信者)としての20年間を後悔しています、上級者になった7年目くらいには醒めていたのに残念です。私が「み役者」として活動したのは入信3、4年目のお主枝和人1年間と世話係を1、2年くらい務めただけでいつも迷いながら居座ってしまいました。 

なぜもっと早く辞めることができなかったのかと言うと、入信から7年目で私の直接のお導き(入信)が8人と、その次の代(孫信者)が3人で合計11人の先頭にいたためでもあり。さらに大勢の人に日々真吼え(布教宣伝活動)をしていました、真吼えとお浄め(手かざし)した人の数は数百人はいます、そのため「真光を辞めます」とは言い出すことができなかったのです。いまでも親しい人には退会を笑われたりします。
醜い教え主の正体 ◆御み霊(オミタマ)の中身 ◆真光の教えは寄せ集め ◆手かざし・み光・お浄め ◆阿倍野準道場はオバケ屋敷

関連記事

コメント

高丙文

『火の洗礼』は明治時代からあった
『火の洗礼』と言う言葉が何時から使われだしたか?確かなことは知りませんが?大本(教)の開祖の一人である出口王仁三郎は既に使っていました。

岡田光玉より100年も前のことです。何度も繰り返しますが真光の教えはパクリ(盗用)だらけです。

このブログでは簡単なことを書いています。
若者は時間の無駄ですから、真光なんかに寄り付かないほうがイイヨっと言う単純な話をしています。

(-_-)

えっと
分かることだけでも…
地球温暖化自体、地軸の移動、太陽活動の変化等、人間が関係する以外の要因が大きいと言われているのが現在の研究結果です。まぁ、解釈次第で火の神の活動とも言えます。
どの教団でも、何かしらはあるでしょう。というか、何かしらが無い絶対に信じられる教団てありますか?まずはそこを追求してみてください。自分なりに理論ができ、これだというものがあればそれでいいでしょう。他を害する必要はなく、自分の信じた道を行く、これがベストではありませんか?フェアに見たときどいつもこいつも他への攻撃しかしていない。攻撃は破壊のみしかうみませんから。

静岡の潜在組手

拝見させて頂きました。
私も、中学1年から22年、現在35歳に、なりますが、潜在組手として、一応在籍している、とはいえ、霊線くらいなもので、あまり信じているわけでは無いのですが、一応籍は置いています。確かに、仰る通り、謎の部分は多く、み祭りに参加する事があって、愛和団結と言っても、何処か薄情な組手さんが多かったり、色々と失望させられたりもしています。 しかし、病は気からなのか、体の具合が悪い所に手かざしをもらうと、不思議と、楽になるように気になり、また、完全否定もできないのです。もっとも、私は、困った時の神頼み的な感じなので、全然、分かっていないと思います。この宗教、崇教はダメと喝破されたあなたは、さぞかし、熱心に努力され、また裏切られたのだと、思います。

サミアどん

矛盾・疑問点ばかりの真光
少年部さんへ
初めまして
私も崇教真光を冬眠した組み手です
>「何故お金がやたらかかるのか」
「なぜ、御導きの人数で昇級があるのか」
「なぜ、男女交際やまぐわいを持つことは禁止で恋愛をする場合は道場長に報告して許可をもらわないといけないのか」
「PC、ネットは嘘ばかりで使ってはいけない」
「海、プール、海水浴、大衆浴場や銭湯は汚れるから行ってはいけない」
「医者から処方される薬や薬局で販売してる薬は毒薬」
「煙草は吸ってはいけないのに岡田氏はヘビースモーカーで何故吸っていたのか」手から出る光は何波ですか?の問いにも答えてもらえないし
海面が上昇しているのは地球温暖化のせいだと教科書や授業で習ってるのに火の神と水の神の力が弱くなっているからだと言われたり疑問に思うことが多すぎるんですが、質問ばかりしてると、道場長や幹部から邪念で霊障がそうさせてるだの信仰心が足りないからだとか逆に怒られてしまいます
真光ってそうなんですよ!!
>なぜ、男女交際やまぐわいを持つことは禁止で恋愛をする場合は道場長に報告して許可をもらわないといけないのか
は私も『何で』と思いました。
私が、当時の御世話係さんに話すと『道場隊長は貴女の事が嫌いなの』と笑い者にされました。
特に私の場合、私は髪が長かったのですが他の組み手さんには『髪切らないんですか?』は言わないで、私には『髪切ったらどう?』と片っ端から言われましたよ!!
髪を切ったのが嫌だったため、自宅で暴れたら両親から、マンガ本なかよしの全員サービスで貰えたムーンライトシンデレラのキーホルダーとみんなのうたのカセットテープ5巻目を捨てられましたし、父がC.C.Lemonを溢してた挙げ句に謝りもしませんでした。
『髪切ったらどう?』と言った組み手のこと、いまだに立腹しています。

キャリー

シュガーダディー
光玉の奥さんとその実家の財産等について詳しい情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ともコメントしていただきたいですね。

訓練部でも聞いたことはありませんし、光玉&聖珠の詳しい過去についての質問など一切タブーでしたから。教団幹部にとって都合の悪い質問をする度に、決まって「そのことを知ることによってあなたの想念が向上すると思いますか?」と関係のない質問をしてはぐらかすのが彼等の手法でした。

「聖珠も十代で妻子ある中年男(光玉)と性的関係をもつなど卑しい女」ですが、インターネット上での古い組み手さんたちの書き込みでも光玉の死後、彼女はすぐに他の幹部(TY)と親密な関係になったとあり、このイニシャルは光央(手島泰六)の父親で書道家の手島右卿氏だと思いますが、光玉が亡くなった時、同年齢の73歳だったわけですので如何に聖珠が年上の男性(シュガーダディー)が好みだったことがわかります。

なお、、彼との関係は手島右卿氏が85歳で亡くなるまで(1987年)続いたと考えられますが、その息子の手島泰六を養子にし、後を継がせるプランはこのようなことが背景にあったとも考えられます。

なぜなら、光玉は「真光の業を皇室にお返しするから、3代目は出ない」と言っていたと習いましたし、「火(霊)の洗礼がくるから、3代目のことを考えなくていい」ということも聞かされていましたから。

少年部

No title
こんばんは、はじめまして、まだ3年目の組み手です
最近疑問に思うことがありまして、「何故お金がやたらかかるのか」
「なぜ、御導きの人数で昇級があるのか」
「なぜ、男女交際やまぐわいを持つことは禁止で恋愛をする場合は
道場長に報告して許可をもらわないといけないのか」
「PC、ネットは嘘ばかりで使ってはいけない」
「海、プール、海水浴、大衆浴場や銭湯は汚れるから行ってはいけない」
「医者から処方される薬や薬局で販売してる薬は毒薬」
「煙草は吸ってはいけないのに岡田氏はヘビースモーカーで何故吸っていたのか」
手から出る光は何波ですか?の問いにも答えてもらえないし
海面が上昇しているのは地球温暖化のせいだと教科書や授業で習ってるのに
火の神と水の神の力が弱くなっているからだと言われたり
疑問に思うことが多すぎるんですが、質問ばかりしてると、道場長や
幹部から邪念で霊障がそうさせてるだの信仰心が足りないからだとか
逆に怒られてしまいます
他の組み手の皆さんはこんな些細なことかもしれませんけど
疑問に思われたことはないのでしょうか・・・
非公開コメント

プロフィール

高丙文

高丙文です
若者を崇教真光から解放するためにこのブログを書いています。真光の教えはほとんどがパクリ(盗用)です。このため全体の整合性がありません、その場その場の適当な言い訳がまた次の「教え」となっています。若者にとっては有害と考えます。もちろん家庭を大切にするご夫婦にとっては家庭破壊のもととなり、高齢者にとってリューマチなど骨を悪化させたり、健康を害することが多く寂しい老後を過ごすこととなります。真光は病とゾンビの館です